フロア、床、窓のコーティング、UV、フローリングコーティング専門業者 関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・福島)を中心に展開

ALJECT研究室

水道水に含まれるSi(シリカ)は汚れの原因

シリカとは・・・水道水に含まれる溶性ケイ酸(土壌成分に由来する無毒の鉱物)の事。

トイレなどの陶器の表面で化学反応して石のように硬く結びつきます。

新築やリフォーム当初はツルツルピカピカだった表面に、数か月でシリカが固着し、ミクロレベルでザラザラ・ガサガサになって、他の汚れまで付着しやすくしてしまいます。

結果、鉄分やトイレの汚物まで取り込んで、目にもはっきり見える汚れになり、通常のお手入れでキレイにするのは不可能になってしまいます。

浴室などの汚れ(水アカ汚れのメカニズム)

水分の乾燥・濡れを繰り返し、水中に溶解しているSiが、素材表面のOH基と反応し化学的に結合します。これを繰り返し水アカ汚れとなります。またこの水アカ汚れに、さらに石鹸カス・鉄さび等のさまざまな汚れが取り込まれていきます。その結果、黒ずみや黄ばみ等の頑固な汚れとなります。

こうなってしまうと、汚れの除去は非常に困難になります。

フローリング材『突き板とは』

フローリング材など室内建材に使用されている木質系の素材にはいくつかの種類があります。

「無垢材」「突板仕上げ」「樹脂シート仕上げ」なでです。

フローリング材としても使用されている、突き板仕上げの、「突き板」とは、木材を薄くスライスした板(単板)のことです。

床材だけでなく、内装材、建具、キッチン扉などの表面化粧材として使用されているものです。

製品の用途に合わせてスライスされ、薄くそいだ板は0.2ミリ~0.6ミリ程度です。天然木を使用するため、印刷の木目プリントのように、同じ木目模様がありません。

無垢材では取り入れる事が難しい、高価な材料でも、突板であれば使用する事が可能です。

無垢材に比べ、精度が均一で反りモ少なく、重量が軽いのが特徴です。

塗装などで仕上げたものが「突き板仕上げ」。 その他にも「天然化粧合板」「突き板化粧板」「天然突き板仕上げ」などと呼ばれることもあります。