フロア、床、窓のコーティング、UV、フローリングコーティング専門業者 関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・福島)を中心に展開

シートフローリング・シートフロア

現在、新築マンション・戸建等で大変多く使用されています。

フローリングの表面が従来の突板の代わりに木目調の印刷シートでできています。

そのため天然木と見分けがつかないほどリアル

シートフローリングは、傷がつきにくくワックスがけが不要と言われているのが大きな特徴です。

これは、表面のシートの特殊加工(EB処理)によるもので、電子線を照射することで表面を強化するため、ワックス等も密着しづらくなっています。

そのため、従来のフローリング(突板)は定期的なワックスがけが必要でお手入れが大変でしたが、ワックスがけをしなくても大丈夫という、注意を喚起する意味で「ワックスフリー」という表示がされているようです。(消費者関連行政機関による)

お部屋の中で一番傷むのが床の表面です。

新築当初は、表面のキズが無い状態ですと、水などが染み込む事もなくきれいな状態ですが、生活しているうちに細かいキズ等が入ると、そこから水分などが染み込んでしまい、黒シミ等の原因となってしまいます。(ほとんどのフローリングの説明書に記載されております。水厳禁!!)

また、シートフローリングは剥離による原状復帰が大変難しかったり、密着不良のコーティング剤が多い事も事実です。

アルジェクトのコーティングは、シートフローリング対応型で高密着タイプのコーティングです。注:日本塗料検査協会・付着性JISK5600-5-6:1999クロスカット法にて試験済み