フロア、床、窓のコーティング、UV、フローリングコーティング専門業者 関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・福島)を中心に展開

ALJECT研究室

可塑剤

可塑剤は、プラスチックなどの加工の際に軟らかくするための物質です。代表的なものは、フタル酸を使ったエステル化合物で、フタル酸エステルと呼ばれることもあります。

ホルムアルデヒドとは

室内空気汚染物質のなかで最も危険視されているもので、シックハウス症候群などの原因の大半は、ホルムアルデヒドによるものとされています。

ホルムアルデヒドが耳慣れないという人も、ホルマリンは聞いた事があると思います。

ホルムアルデヒドの水溶液をホルマリンと呼びます。学校の理科室などで動物の標本などが腐らないように液体に浸され、瓶詰めにされているのを見かけますが、この液体がホルマリンです。一般には防腐剤・殺菌剤としてホルムアルデヒドが使用されています。

ホルムアルデヒドに関しては発散する恐れのある建材が多数あり、合板や壁紙、断熱材、接着剤、塗料などの建材に関して、建築基準法に基づき、放散量や製造者の表示が義務付けられています。

性質としては無色の気体で水に溶けやすく、独特の刺激臭があります。

シックハウスとは

新築住宅やリフォームしたばかりの家に入ると、目がチカチカしたりのどが痛くなったりすることがあります。また、子供にかぎらず大人でも、アトピー性皮膚炎のような症状を起こしたり、喘息のような症状に悩まされるケースも報告されています。このような現象を「シックハウス症候群」といい、シック=病んだ、ハウス=居住空間がもたらすいろいろな症状をいいます。

シックハウス症候群は、VOC(揮発性有機化合物)による室内の空気汚染によって引き起こされる健康障害のことです。その正体は、ホルムアルデヒドトルエンなどの化学物質で、国土交通省ではホルムアルデヒドトルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレンの5つを住宅表示のための特定測定物質に指定しています。

このようなシックハウスは、ホルムアルデヒドなどのVOCの発生を物理的(十分な換気)あるいは、コーティングなどにより化学的に取り除くことによって改善することが可能です。しかし、いったんシックハウス症候群によってなんらかの症状が起こった人の中には、VOCの含有量が微量な場合でも症状が出てしまいます。

これをシックハウス症候群によってもたらされた「化学物質過敏症」といいます。化学物質によって神経や呼吸器の異常が起き、許容範囲とされる割合の化学物質にも過敏に反応してしまうという症状を引き起こします。大人のアトピー性皮膚炎が増加している理由のひとつも、シックハウス症候群によるものだといわれております。