フロア、床、窓のコーティング、UV、フローリングコーティング専門業者 関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・福島)を中心に展開

銀イオンについて

№3 アルジェクトのコーティング剤について詳しく解説~第3弾!

2008年6月12日小林製薬が販売するトイレの芳香剤「銀のブルーレットおくだけ」と「銀の消臭元トイレ用」は、公正取引委員会から製品内の銀イオンでトイレが除菌されるかのような表示をしているがその除菌効果は認められないとして、排除命令を受けました。

このニュースがマスコミで報道されたことから、「銀イオン自体に抗菌作用がないのではないか」と当社へも多数お問合せがありました。

小林製薬の製品が排除命令を受けたのは「銀の含有量が少なすぎた為、十分な効果がない」という点に問題があったからです。 これまでの様々な研究結果の中で、必要量の銀イオンは細菌の増殖を抑える効果があることは、科学的に証明されています。*公的機関の試験でも高い抗菌性能があるとしています。

銀イオン・・・銀が分子状態で水に溶解し、電荷を持ち活性化したもの。簡単にいうと、銀が水と反応することによって発生するイオンです。 

人間の周囲にいつも存在する様々な菌(サルモネラ菌。レジオネラ菌・黄色ブドウ球菌など)を減らす効力を持ちます。銀イオンとは、銀の原子力が電子を失ってイオン化したもので、銀が水に触れたりすると発生します。1929年にドイツ人の研究者が、銀イオンに細菌を死滅させる力があることを発見しました。また、銀イオンは悪臭のもととなる成分を中和する働きもあり、優れた消臭効果も発揮することがわかっています。昔からヨーロッパでは、食べ物の腐敗を遅らせる作用があるとして、銀が食器に使われてきました。現在では、食品添加物や浄水器、洗濯機、スプーンにも使用される等、安全性の高い無害な金属イオンとして利用されています。塩素などの他の殺菌剤と比べて人体に安全なため、最近では、銀の持つ効用が病院などでも見直されてきています。

酸化チタンやリン酸チタニア化合物と違い、銀イオン自体に抗菌効果があるため、触媒効果があらわれない低温・暗闇でも長期に抗菌効果を持続します。

F118フィトンチッドとは?

№2 アルジェクトで扱っているコーティング剤について詳しくご説明~第2弾

F-118は、フィトンチッドの草木を原料とした純植物性です。松やモミの木などの針葉樹やヨモギ、イラクサ、さらに茶葉や椿、レモンなど森や山野の植物から抽出した天然植物エキスから作られています。化学物質は使用しておりません。だから人や動物に無害で環境を汚すこともありません。自然と調和する、先進性の高い消臭剤です。

消臭性能・・・森には、動物の死骸や糞など様々な腐敗物が満ちています。ですが悪臭が漂うどころか清潔で爽やかな香りに満ちています。森の浄化システムをお手本に作られたF-118の特徴は、芳香剤のように別の臭いで悪臭を隠すのではなく、ニオイを元から分解する強力な消臭メカニズムにあります。F-118から出るフィトンチッドの超微粒子を悪臭粒子と結合させ、その結果悪臭分子を分解、無臭化するのです、その効果はあらゆる悪臭に対しても発揮され、即効性にも大変優れています。

帯電防止とは

合成繊維・プラスチック製品が静電気により帯電してゴミや汚れを呼び込みやすく、ガラス・タイルの無機に対してすぐに汚れてしまいます。

アルジェクトで使用するコーティング剤は、帯電防止機能を大幅にアップさせるためSno2(超微粒子酸化錫)又はATOの帯電防止材料を使用し、完全無機100%にする事で汚れを付きづらくするとともに、簡単に汚れを落としやすく設計されております。

光触媒との違いは、汚れが付いてから汚れを分解するのではなく、最初から汚れを付きづらくし、汚れても落ちやすくした方がトータル的には防汚効果が高い点があげられます。

可視光対応型酸化チタンについて

№1アルジェクトで扱っている、コーティングについて、詳しくご説明をさせて頂きます。

可視光対応型酸化チタンについて・・・今までの光触媒酸化チタン、特に紫外線対応型では、紫外線の少ない室内ではほとんど光触媒効果が発揮されず、特に韓国、中国でも、日本からの輸入製品が問題視されていました。アルジェクトでは、日本の3~4倍以上、VOC数値がひどい韓国、中国にて一回で基準をクリアする、業界で最高速の可視光光触媒に注目しました。室内で発生するあらゆる嫌な臭いを蛍光灯下2時間から6時間で分解消臭、今までの紫外線対応の酸化チタンの問題であった室内での効果の実現を一発で解決しました。

蛍光灯の光でも酸化力の強いOHラジカルを発生させ、有機物を水と炭酸ガスに分解する為、外からの嫌な臭いもすぐ消臭除菌し、長期に消臭、抗菌に力を発揮します。又、VOC化学物質の分解力も抜群です。VOC対策、シックハウス対策、花粉症対策にもなります。 触媒先進国、日本では大阪チタニウムテクノロジーを中心に10社近くの大手企業が、室内の蛍光灯に反応する可視光対応型の酸化チタンに成功し、室内の天井・クロス・カーテンにスプレーするだけであらゆる臭いを分解することが出来るようになりました。

火事・火災の臭い

火事の臭い・・・・硫化水素・窒素化合物・アミン・アンモニアが主なにおいの原因です。

火事の時、内部の圧力は、サッシのガラスを割ってしまうほど高圧力になっています。その高圧の状態で室内の隅々まで、においが染み込みます。

火元以外の場所で、ススがかかっていないように見える場所でも臭いが染み付いています。 火事の時は、アセトアルデヒドなども大量に発生しています。化学物質の中では比較的大きな物質ですが、臭いの分子は非常に小さく、ビニールなども通してしまいます。(におい分子の大きさ平均7.5Å<オングストローム> Å=1㎚の10分の一)1㎚は10億分の1m ナノテクより小さな世界です。

火事のにおいは、何もしなくても窓を開けておけば、3年で半分くらいは、においがなくなっていきます。ですが、火事のにおいの中には、有害物質も多く含まれております。特に怖いのが、ダイオキシンが発生している場合です。塩化ビニールを低温で燃焼させた場合に多く発生します。 

当社の消臭技術でにおいの原因物質を除去して消臭することが可能です。

改正省エネ法

2010年4月より改正省エネ法が施行され、既存建物の増改築に一定の省エネ対策が法制化されましたが、特に既存建物の室内省エネ対策のポイントとしては大きく3つあります。

1、空調コスト削減

2、照明・LED化対策

3、建物の熱の出入りが一番大きい開口部=窓ガラスの断熱・遮熱対策です。

窓ガラスの遮熱・断熱対策に1㎡6000円 5年で償却 10年の再施工保証 のガラスコーティングの他 更にSC値の高い0.69の強遮熱タイプや更に更に高透明で超強遮熱タイプの窓ガラスコーティングをご用意致しました。