フロア、床、窓のコーティング、UV、フローリングコーティング専門業者 関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・福島)を中心に展開

カビ対策

昔の、日本家屋は、天井も高く、風の通りがよい造りでした。

現在の住宅は気密性が高く、とても暖かい構造になっています。

冷暖房の効率はいいのですが、湿気がこもり、外気温との差が大きいとアルミサッシや壁紙などに水滴がつく「結露」が多く生じ、そこにもカビが発生します。

また、多くの住宅では床に断熱材などがあり、畳やじゅうたんにも湿気がこもります。

その結果、カビやダニなどを呼び寄せ、アレルギーの原因になってしまいます。冬など、人間にとって暖かく暮らしやすい環境が、カビやダニにとっても暮らしやすい環境になってしまいます。

カビ・・・カビの胞子は空気中に常に数多く漂っています。 

発生の条件は、温度20~30度程度、湿度75%以上、栄養分

カビにとって、栄養にならないものは金属と陶器、ガラスくらいです。ほんのわずかな水分や油分でもカビにとっては充分で栄養を100%なくすことはかなり難しいです。

カビ対策の一番は、湿度を下げることと、換気です。