フロア、床、窓のコーティング、UV、フローリングコーティング専門業者 関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・福島)を中心に展開

ワックスとの違いを教えて

ワックスのメリットは安価なところです。しかし、生活していく上でいろいろなデメリットもあります。
ワックスが住宅のフローリングのメンテナンスにあまり適さないのは次のような点です。

  1. 床の耐久性の問題
    ワックスの80%は水です。つまり、ワックスを塗り重ねる事は、水を撒くのと同じこと。ワックスを重ねれば重ねるほど床は水分を吸収し、どんどん床は痛んでいきます。
  2. 安全性の問題
    ワックスは簡易保護膜のため、水に弱い上に磨耗しやすく剥がれやすいので、細かなチリとなって部屋の空気を汚してしまいます。これがシックハウスの原因になることも。また、塗り重ねていくとホコリを巻き込んで黒ずんでいき、結果的に部屋を汚すことになりかねません。
  3. コストと労力の問題
    ワックス掛けは、1回あたりの単価は安く済むものの、長期間で考えるとかなりのコスト負担になります。
    10年間のトータルコストで考えると、かなりの金額と時間になるはずです。

アルジェクトのUVコーティングは、床表面を特殊加工して丈夫な床に作りかえるコーティングです。
上記のデメリットを全て解消した言わば“フローリングの永久メンテナンス”です。